茨城県古河市看護師ハローワーク募集採用求人

 

 「給料も少ないし、先輩とは馬が合わないし、今の職場はやってられないシマ〜!」

 

 

 

 

「看護師の職場は女だらけで、なかなか上手くやっていくのが難しいわ。」

「仕事も不規則で、人の命を預かる責任でストレスも凄いシマ。」

「1ヶ月位、無職になって海外旅行でも行きたいわ〜♥」

 

 「心配ないシマ!看護師の就職は超売り手市場だから、どんどん転職して自分にあった職場を見つければ良いシマ〜!」

 

  

「私も転職3回したけど、いくらでも働く場はあるわ!給料も上がって、面倒くさい先輩もいなくなって、やっぱり看護師の資格を持ってるだけで、最高だわ♥」

 

 「オラもカワイ子ちゃんナースを探して転職しまくってるシマ〜!」

 

 

 

「看護師の転職では、複数の求人サイトに申し込み、専門の転職コンサルタントと一緒に新しい職場を探すのが一番!」

「普通の仕事なら、ハローワークで自分で探さないとダメだけど、看護師は売り手市場だから、無料で専任コンサルタントまで付いちゃうシマ〜♥」

「各サイト、1分で無料で登録して、後はコンサルタントに任せてね♥」

「この地域で取り扱っている看護師求人は以下のサイトが多いシマ〜!」

 

       

 

 

 

1位 ナースではたらこ
2位 ナースJJ
3位 ナースフル

 

 

「3サイトとも登録して、自分にあった職場を探してね〜♥」

 

 

 

 

 

「古河市」の画像検索結果                                    Map of 古河市

古河市
こがし
日本の市
古河市は、関東地方のほぼ中央、茨城県の西端に位置する市である。人口約14万人。 ウィキペディア
面積: 123.6 km²
人口: 14.08万 (2015年9月)

「古河」は、古く「許我」と表記され、『万葉集』に当時の情景が二首詠まれている。すでに奈良時代から渡良瀬川の渡し場として賑わっていたことが伺える。

平安時代には、9世紀初め~10世紀における東日本最大級の“製鉄所”(川戸台遺跡)があった。9世紀後半の「半地下式平窯」(江口長沖窯跡)も発見されており、製鉄や窯業の生産拠点でもあった。

室町時代後期から戦国時代にかけて古河公方の本拠地、江戸時代には古河城の城下町、日光街道の宿場町・古河宿が盛えた。古河藩領は下総国・下野国・武蔵国にまたがっていたが、近代以降の茨城県は旧常陸国、水戸街道が中心となって形成されたため、県史としては傍流的な位置づけになる。

明治期に入ると製糸産業が発達し人口が急増、古河町(当時)は一時期、茨城県内で二番目の人口となった。1958年(昭和33年)に東北本線が電化され、上野まで約一時間で結ばれるようになってからは、東京のベッドタウンの役割が加わって人口が増大し、合併前には人口密度で県内第1位となった。現在の古河市は、都心回帰の影響で東京のベッドタウンとしての役割は薄れたが、人口では土浦市に次いで茨城県内第6位である。

行政上では茨城県に属しているが、国道4号(日光街道)や宇都宮線(東北本線)の沿線であることから、経済や教育の面で栃木県、埼玉県とのつながりが強く、東京都ともつながりがある(旧古河市はかつて県西地域で唯一東京大都市圏に属していた)[1]

なお、地元の人以外には古河財閥などとの関係から「ふるかわ」と誤読されたりする。

2005年9月12日、旧古河市と総和町・三和町が新設合併、現在の古河市となる。

古河市公式サイト

古河市の総合病院

  • 友愛記念病院 東牛谷707番地
  • 古河赤十字病院 下山町1150番地
  • 古河病院 鴻巣1555番地