神奈川県横浜市鶴見区看護師ハローワーク求人

 

 「給料も少ないし、先輩とは馬が合わないし、今の職場はやってられないシマ〜!」

 

 

 

 

「看護師の職場は女だらけで、なかなか上手くやっていくのが難しいわ。」

「仕事も不規則で、人の命を預かる責任でストレスも凄いシマ。」

「1ヶ月位、無職になって海外旅行でも行きたいわ〜♥」

 

 「心配ないシマ!看護師の就職は超売り手市場だから、どんどん転職して自分にあった職場を見つければ良いシマ〜!」

 

  

「私も転職3回したけど、いくらでも働く場はあるわ!給料も上がって、面倒くさい先輩もいなくなって、やっぱり看護師の資格を持ってるだけで、最高だわ!」

 

 「オラもカワイ子ちゃんナースを探して転職しまくってるシマ〜!」

 

 

 

「看護師の転職では、複数の求人サイトに申し込み、専門の転職コンサルタントと一緒に新しい職場を探すのが一番!」

「普通の仕事なら、ハローワークで自分で探さないとダメだけど、看護師は売り手市場だから、無料で専任コンサルタントまで付いちゃうシマ〜♥」

「各サイト、1分で無料で登録して、後はコンサルタントに任せてね♥」

「この地域で取り扱っている看護師求人は以下のサイトが多いシマ〜」

 

       

 

 

 

1位 ナースではたらこ
2位 ナースJJ
3位 ナースフル

 

 

「3サイトとも登録して、自分にあった職場を探してね〜♥」

 

 

 

 

 

Map of 横浜市鶴見区

鶴見区
つるみく
日本 横浜市の行政区
鶴見区は、神奈川県横浜市を構成する18の行政区の一つ。 ウィキペディア
面積: 33.23 km²
人口: 27.04万 (2010年2月)
鶴見区は、神奈川県横浜市を構成する18の行政区の一つ。 ウィキペ鶴見区は、横浜市の最東端に位置し、東京湾に面する[2]。北は川崎市川崎区幸区に接し、西は横浜市の港北区神奈川区に接し、南端部の大黒埠頭から横浜ベイブリッジで同市中区につながる。鶴見川が区内を南に蛇行して流れ、東京湾に注ぐ。北東部は鶴見川と多摩川に挟まれた平地(川のまち)で、北西部は下末吉台地の東端から続く丘陵地(丘のまち)。湾岸部は埋立地が広がり、市境は京浜運河を越えて扇島東京湾に接する(海のまち)。中心市街地は東部(川崎市寄り)に位置する鶴見駅周辺地区で川崎市川崎区・幸区との結びつきが強い。鶴見駅前は横浜市における主要な生活拠点(旧:副都心)に指定されている[3][4]。区内北西部には自然が残り、獅子ケ谷市民の森神奈川県立三ツ池公園などがある。

「鶴見」の名は、鎌倉時代から現れ、源頼朝がここで鶴を放ったことから命名されたという伝説もある。また一説には、「ツル」は鶴とは関わりなく「水路や河川の周辺地」を意味し、「ミ」は「周り・巡り」を意味する語で、合わせて「ツルミ」は蛇行する鶴見川の地形を表すとされる[2]

2012年(平成24年)5月1日現在、人口は275,592人(推計)で市内18区中第3位、区内に住所を定めている世帯の数は126,757世帯で港北区に次いで第2位となっている[5]。また、2010年(平成22年)3月31日現在、区の戸籍数(本籍)は98,753戸籍で、18区中第1位となっている[2]

2010年(平成22年)1月1日現在、区の平均年齢は42.40歳(男41.49歳、女43.38歳)で、横浜市の平均年齢43.12歳(男42.06歳 女44.18歳)よりやや低い[2]。2012年(平成24年)4月30日現在、区の外国人登録者数は9,670人で、区の人口に占める割合は約3.6%(市全体では約2.1%)[2]。国籍別に見ると中国、韓国・朝鮮、ブラジル、フィリピンの順に多く[6]、市全体と比べるとブラジルの構成比が大きいのが特徴である[2](市全体に登録するブラジル国籍住民の約44.2%が鶴見区在住[6])。

区の2009年度(平成21年度)の市税収入は、約650億円で、市全体収入の9.10%を占め、市内では神奈川区、中区、西区に次いで、18区中4番目となっている[2]

横浜市鶴見区の公式サイト