千葉県千葉市美浜区看護師ハローワーク募集採用求人

 

 「給料も少ないし、先輩とは馬が合わないし、今の職場はやってられないシマ〜!」

 

 

 

 

「看護師の職場は女だらけで、なかなか上手くやっていくのが難しいわ。」

「仕事も不規則で、人の命を預かる責任でストレスも凄いシマ。」

「1ヶ月位、無職になって海外旅行でも行きたいわ〜♥」

 

 「心配ないシマ!看護師の就職は超売り手市場だから、どんどん転職して自分にあった職場を見つければ良いシマ〜!」

 

  

「私も転職3回したけど、いくらでも働く場はあるわ!給料も上がって、面倒くさい先輩もいなくなって、やっぱり看護師の資格を持ってるだけで、最高だわ!」

 

 「オラもカワイ子ちゃんナースを探して転職しまくってるシマ〜!」

 

 

 

「看護師の転職では、複数の求人サイトに申し込み、専門の転職コンサルタントと一緒に新しい職場を探すのが一番!」

「普通の仕事なら、ハローワークで自分で探さないとダメだけど、看護師は売り手市場だから、無料で専任コンサルタントまで付いちゃうシマ〜♥」

「各サイト、1分で無料で登録して、後はコンサルタントに任せてね♥」

「この地域で取り扱っている看護師求人は以下のサイトが多いシマ〜」

 

       

 

 

 

1位 ナースではたらこ
2位 ナースJJ
3位 ナースフル

 

 

「3サイトとも登録して、自分にあった職場を探してね〜♥」

 

 

 

 

 

「美浜区」の画像検索結果                                    Map of 千葉市美浜区

美浜区
みはまく
日本の市
美浜区は、千葉市の行政区のひとつ。区内はすべて埋立造成によりできた土地である。 ウィキペディア
面積: 21.16 km²
人口: 14.93万 (2012年4月)
大学: 神田外語大学、 千葉県立保健医療大学、 千葉県立衛生短期大学

習志野市津田沼~千葉市中心部までの沿岸は、かつて白砂青松の地で綺麗な干潟と19kmにも及ぶ海岸線が広がっていた。(その青松の林はかつての海岸線である国道14号沿いに現在も広がっている。)1912年(明治45年)5月下旬、その干潟を利用して奈良原三次によって日本初の民間飛行場[1]が開設されたことにより「民間航空発祥の地」と言われ、稲岸公園(千葉市美浜区稲毛海岸3丁目)には民間航空発祥の地記念碑がある。また、稲毛海浜公園内には稲毛民間航空記念館が建てられ館内には、復元された当時の複葉機「鳳号」等が展示されている。

人工海浜「いなげの浜」は、埋め立て事業によって失われた旧稲毛海岸の砂浜の復元を目指し、1975年(昭和50年)2月から1年2か月の工期を掛け1976年(昭和51年)4月26日オープンした国内初の人工海浜である(世界ではモナコ公国のモンテカルロ・ラルポット海岸に次ぐ2番目)。海浜の長さ1,200m, 干潮時には岸から波打ち際まで130m。その後「幕張の浜」1979年(昭和54年)3月10日オープン。「検見川の浜」1988年(昭和63年)7月10日オープン。総延長は約4,300m。週末や休日になると家族連れやカップル、ウィンドサーファーなどが訪れ、ウォーターフロントとして大変賑わっている。近年、浸食が顕著になり砂の補給や養浜工事、波を弱くするための潜堤(海面下の堤防)など莫大な維持管理費が掛かっている。また、「幕張の浜」「検見川の浜」は遊泳禁止となっている。

千葉市美浜区公式サイト